臨月の女性画像

不妊症からママに・・・「妊娠法」について!

あなただってママになれる!

親子のイラスト

「本当に妊娠したみたいです!」

「オメデタだって言われました!」

「やった~、ママになれました~!」


あなたもこういう嬉しい報告を早くしたいですよね!

不妊症を改善するための「妊娠法マニュアル」にはこのような喜びの声が多く届いています。

妊娠できなくて悩んでいる人が大変多いのに何故なんでしょうか?

それは、これらのマニュアルでは「不妊症」や「妊娠法」に対する「視点」が病院などとは違うからです!







求めるものは「方法」ではなくて「結果」!

赤ちゃんが欲しいのになかなかできない!

病院で不妊症だと言われてショックを受けた!

不妊症の治療で病院に通っているのになかなか効果が現れない!

ストレスやプレッシャーに押しつぶされそうになって、最近では旦那様との仲も気まずくなり喧嘩が絶えない・・・

「赤ちゃんを作って幸せになりたい!」・・・ただそれだけなのに何故か逆に旦那様とは険悪な雰囲気になってこんな辛い思いをされているという女性がたくさんいらっしゃいます。

病院へ通う以外にも、ヨガをやったり、漢方薬を処方してもらったり・・・子宝に恵まれると言われている神社で祈祷を受ける方もいらっしゃいます。

しかしそれでも赤ちゃんを授かることができず、悩んでいる女性の方は数え切れません。

そんな中、本当に悩んだ女性達が「藁をも掴む」「藁にもすがる」思いで手にしたのが「妊娠法マニュアル」です。

「妊娠法マニュアル」にはいろいろありますが、共通しているのは不妊症に対する「視点」が病院での治療などとは違うところです。

病院での治療は医学的な観点から行われますので安心して治療を受けることができるでしょう。

しかしそれでも不妊症が改善されなければどうすればいいのでしょうか?

その方法は・・・少しだけ『視点』を変えてみること・・・です!

妊婦さんのイラスト

ひとつ頭の体操をしてみましょう。

例えば九州から東京へ行こうとした場合、あなたはどのような方法を考えますか?

おそらく殆どの人が飛行機かJRや新幹線を利用しようと考えるでしょうね。

料金を考えると夜行バスという手もありますよね。

運転の距離を考えると、少ないでしょうが自家用車と答える人もいるでしょう。

しかし「船」や「フェリー」と考えると人はどれだけいるでしょうか?(九州からの船便があるかどうかは分かりませんが、ここは「例題」ですので突っ込まないで下さいね)

あまり良い例題ではありませんでしたが、少しだけ『視点』を変えてみるというのはこういうことです。

現実には時間や料金を考慮して選択すると思いますが、そういう制約が無い時でもなかなか『視点』を変えることができない人はたくさんいます。

そういう人の選択肢というのはどうしても限られてしまいます・・・勿体無いですよね!

実際に行うかどうかは別としても、やはり選択肢は多いに越したことはありません!

病院での治療と違って「妊娠法マニュアル」などは胡散臭いと思われる方が多いと思います。

しかし実際には上記のような嬉しい報告がたくさん届いているのも事実です。

病院にしろヨガや漢方薬にしろ、結果さえ出ればそんなに嬉しいことはありませんよね!

しかし、もし結果が出ないのであれば別の方法を選ぶか、もしくは病院などを継続しながらもう一つ選択肢を増やすということも考慮してみるのも手ではないでしょうか!?

なぜなら肝心なことは「赤ちゃんを授かること」なんですから!







諦めるのはまだ早い!

赤ちゃんを抱く女性のイラスト

若い頃は男性と女性が交われば簡単に赤ちゃんができる・・・なんて普通に考えていた人が多いと思います。

しかし、実際に結婚して赤ちゃんを作ろうと頑張ったのになかなかできないと分かった時、おそらく目の前が真っ暗になった方も多勢いらっしゃるはずです。

しかしまだ諦めないで下さい!

不妊症を改善するためのマニュアルを作成されているほとんどの先生方が「妊娠は簡単にできる!」とおっしゃっていますから!

「簡単にできないから真剣に悩んでいるんじゃないですか!」とお怒りになられるかもしれませんね!

でもお怒りになる前に騙されたつもりで一度、ここに添付されている各バナーやテキストリンクから「妊娠法マニュアル」公式ページをご覧になってみて下さい!

男性か女性のどちらか、あるいは両方の生殖機能に問題があるのであれば別ですが、どちらにも問題が無く健康状態であれば「妊娠は簡単にできる!」そうですよ!

また35歳前後の女性でも普通に妊娠されているようなので、高齢とかもさほど気にしなくても良さそうです。







何かが違う・・・不妊症の人が多い国

「出産」のお祝い画像

身体が健康なのに不妊症と言われて、実際にはなかなか赤ちゃんができないということは、当然そこに「問題点」があることになりますよね!

その「問題点」を改善するためにみなさんは病院などでの治療に専念されていると思うのですが、不妊症改善の「妊娠法」は、その「問題点」の「視点」が病院などとは違っています。

実際には各「妊娠法マニュアル」の公式ホームページをご覧頂きたいのですが、「えっ、そんなことでいいの?」「それだけで妊娠できるんですか?」という疑心暗鬼なコメントが多々あるようです。

ところがそういう人が「妊娠法マニュアル」を実践された後、「妊娠できました!」という喜びの声を届けてくれているということは、やはり今までの「視点」とは何かが違っているのではないでしょうか!?

その「視点」の一つとして、例えば不妊症というのは「現代の先進国病」と言われることもあるそうです。

どういうことかと言えば、現代でも「発展途上国」と言われている国では赤ちゃんがどんどん誕生して、不妊症の方が少ないとか!(ただしこういう地域では食糧難や医師不足のため、残念ながら亡くなる赤ちゃんも多くなっています)

しかし「先進国」と呼ばれている国ではなぜか不妊症の方が増えていて、子供の人口が減ってきていると言われる先生もいらっしゃいます。

同じ地球上の人類なのに、子供が増えている地域と不妊症が増えている地域があるのは変だと思いませんか?

そこには現代の先進国に於ける社会的構造、ストレスや不規則な生活環境などが影響しているのかもしれないという一つの「視点」が見えてきます。

また物事をポジティブに捉える地域とネガティブに捉える地域との差もこういう結果を生み出すのかもしれませんね!







不妊症治療の費用

赤ちゃんの靴を持つ女性の画像

近年「少子化問題」や「保育園問題」がクローズアップされていて、「若い人達が子供を生まなくなったから」とか「子供を生んでも預ける保育園が無いから」という声から、いろいろな対策が進められています。

しかし生みたくても生めない人への支援(不妊症治療に対する金銭的補助や治療の為の有給休職等)については殆ど話を聞きません。

もっと積極的に支援してもらえれば、安心して不妊症治療に専念できる女性も増えるはずですが、現状では望めない以上、自分で医療費等を負担しなくてはいけません。

不妊症治療が長引けば長引くほど、その医療費はどんどん増えてしまいます。

しかし、不妊症改善のための「妊娠法マニュアル」であれば1度の負担で終了です。

治療費との比較も検討してみる価値はあるかもしれませんね。







不妊症改善のための「妊娠法マニュアル」のメリットは・・・

  1. 上記の通り、金額的負担が1度だけで終了します。(ただし実際に妊娠できた時にかかる医療費等は個人負担になります)

  2. 多くの「妊娠法マニュアル」はポジティブな発想で行われますから、日常での不安やストレスから開放されやすくなります。

  3. 通院等による時間的な制約が無く、自分の都合で対応できます。

  4. 多くのマニュアルにはメール等によるサポート体制があり、質問や悩み等を相談できます。

  5. 1度購入した「妊娠法マニュアル」があれば、二人目、三人目が欲しい時にもそのまま役に立ちます。

不妊症改善のための「妊娠法マニュアル」のデメリットは・・・

  1. 病院などと違って、対面治療では無いという不安があります。(ただし「メリット4」のように、多くのマニュアルにはメール等によるサポート体制があります)

  2. 「マニュアル」といっても、決して雑誌等のような安価なものではありません。

  3. 自分から率先して行動しなくては効果が得られない為、もし直接誰かから指示されたり指導されたりしないと行動できない性格の人には不向きです。

  4. 「マニュアル」という性質上、購入後の返品ができませんのでご了承下さい。

  5. この手の物にはどうしても個人差が有り、絶対的に妊娠を保障するものではありません。







不安から「夢」と「希望」へ!

不妊症で悩んでいる方に「夢」と「希望」を持って頂ける様、「妊娠法マニュアル」についてお話してきましたが、「この手のマニュアルは胡散臭い」とか、「こんなのは眉唾だ」とか言われる方が多くいらっしゃいます。

また「医療機関以外の治療法等には手を出すべきではない!」と仰られる方もいて、ごもっともだとも思います。

それらのご意見については真摯に受け止めなければなりません。

これらのマニュアルでも「個人差が有り、確実な妊娠をお約束するものではありません。」という注釈は必ず付きますから!

「妊娠」「出産」という結果さえ出ればどのような方法でも構わないんです。

でもその医療機関で何年も治療して、それでも赤ちゃんを授かれなかった場合はいったいどうすれば良いのでしょうか?

医療機関での治療がうまくいかず、最後に頼ったマニュアルで実際に多くの方が「ママになれた」と喜ばれている現実も否定するのでしょうか?

赤ちゃんを授かって喜ぶのも、授かれずに悲しむのも「あなた自身」であって、お医者さまではありません!

ですから少しでも関心の有る方は、ぜひそれぞれの「妊娠法マニュアル」のバナーやテキストリンクから公式ホームページをご覧頂き、自分に合ったマニュアルを探して見て下さい。

あなたが赤ちゃんを授かれる方法が何か見つかるかもしれませんよ!

最後に・・・病院・ヨガ・漢方薬・祈祷・マニュアル等、どのような方法でも、一人でも多くの方が可愛い元気な赤ちゃんを授かりますことを心から祈念致します。


※ マニュアルには個人差が有り、確実な妊娠をお約束するものではありません。

※ このサイトは病院治療・ヨガ・漢方薬・祈祷などを否定するものではありません。






ページの先頭へ